リゾートウェディングについての情報が満載です!

このサイトでは、リゾートウェディングを挙げようと考えている方が押さえておくべき準備の基本からゲストへの招待状の例文、写真撮影のポージングやゲストとして呼ばれた際のドレス選びのコツまで、リゾートウエディングにまつわるさまざまなお役立ち情報をお伝えしています。
リゾートウエディングは普通の式場での結婚式とは少し趣きが異なるため、式を挙げる側もゲストとして呼ばれる側も用意などに戸惑ってしまうこともあるかもしれません。
あらかじめ情報収集しておくことで、落ち着いて当日に臨むことができるでしょう。

しっかり押さえよう!リゾートウェディングの準備の基本

しっかり押さえよう!リゾートウェディングの準備の基本 リゾートウェディングを挙げる上で最も基本かつ大切な準備となるのは、場所の選定です。
新郎新婦でしっかりと話し合って、国内なのかそれとも海外なのか、場所は具体的にどこにするのかをしっかり話し合って決める必要があります。
場所の次は時期とゲストを決めます。
リゾートウェディングはゲストにも遠方に足を運んでもらうことになるので、ベストシーズンやゲストの都合なども考慮しながら時期を決める必要があります。
そこまで決まったのなら、次はいよいよ式場探しです。
必ずしも現地に行かなくても式場の予約はできます。
式場はリゾートウェディングのプロデュース会社や旅行会社を介して予約することも可能です。
式場が決まったのなら、なるべく早くゲストへの式の日程の連絡と旅行の手配をします。
ここでは、旅費や宿泊費の負担・旅行の手配を新郎新婦側で行うのか、ゲスト側で各自行ってもらうのかを事前に明確にすることが大切です。

リゾートウェディング の準備はいつからするのがベストか

リゾートウェディング の準備はいつからするのがベストか 一般的にリゾートウェディングの準備は、一体いつから始めるかですが多くの場合は6ヵ月です。
急いでいるカップルならば3ヵ月ほどは期間が欲しいところですが、実は意外と柔軟性があるため1ヵ月前であっても、会場に希望日に空きさえあれば準備はできます。
日程的にも心にも余裕があった方が、挙式直前になって焦ることにはなりません。
思いのほか短期で段取りを踏んで用意できるにしても、やはりある程度の余裕があった方が安心です。
いつ頃リゾートウェディングをしたいのか、仕事の休みは取れそうか、また高原や海のそばなどエリアの希望があるかも確認をします。
人前式やチャペル挙式など、挙式スタイルにこだわりはあるかどうか、親族だけを呼ぶのか友人も多く招くのか、宿泊やパーティーに希望はあるかなど、希望をまとめて情報を集めることから開始です。
招待客と楽しい時間を過ごすパーティー会場を決めること、早めにゲストに連絡をするためにも、交通や宿泊の手配もします。
場所や日時は書面でも伝えたほうがいいので、招待状の発送も必要です。
婚礼衣装の手配をしたりパーティーの進行や演出を決定したり、引き出物の手配や写真撮影プランを決めるなど、リゾートウェディングもほかの挙式同様、やることはたくさんあります。

リゾートウェディングの特徴とメリットについて

リゾートウェディングとはリゾート地で結婚式をすることです。大きく国内と海外に分けられ、国内だと北海道や沖縄、軽井沢といったビーチや高原リゾート、海外だとハワイやグアムといったビーチリゾートが中心です。
人気の理由は普段あまりいくことがない場所で特別で非日常的な雰囲気を味わえることです。メリットはいくつかありますが、代表的なものは特別な一時を送れることです。結婚式自体、特別なことですがいつもの場所での挙式だと特別感も薄いです。ですが滅多に行くことのできない場所であれば一生の思い出になりますし、新婚旅行を兼ねることもできます。ゆったりとした時間を過すことができるのもメリットです。リゾートウェディングの特徴として時間に余裕のあるスケジュールを組めることがありますが、規模を限定した親しい人に囲まれた挙式なので全体的にゆとりのあるスケジュールになります。またリゾートウェディングの場合、原則として祝儀はなく旅費以外は新郎新婦の負担なので、参加者をある程度親しい人に絞ることができます。

リゾートウェディングの一番のデメリットは費用?

思い通りのロケーションで結婚式を挙げられるリゾートウェディングですが、どんなデメリットがあるのでしょうか。やはり1番気になるのは費用ではないでしょうか。
リゾートウェディングでは、現地までの旅費や滞在費が必要になります。遠方ならば打ち合わせはメールや電話などが主な手段になるでしょうが、現地に行くとなるとさらに費用がかかります。招待客がいる場合は、お車代も考えなくてはいけません。遠方でのリゾートウェディングは招待客への負担も大きくなります。金銭面だけでなく、場所や日程によって数日仕事を休んでもらわなければなりません。子供がいるため泊まりは難しい、高齢のため体力的に厳しいなど、招待したい人を呼べないこともあります。
そして忘れがちなのが天候です。万が一、天候不良で現地に着けなかったとなっては大変です。またせっかく遠方まで来たのに、思っていた結婚式のロケーションと違う雰囲気になることもあります。これは近場の結婚式でも起こりうることです。一生に一度の結婚式を憧れのロケーションで挙げられるリゾートウェディングは魅力がいっぱいです。しかしデメリットもあるので、よく吟味して自分達に合った結婚式を選びましょう。

リゾートウェディングをする場合のマナーとは?

近年リゾート地で結婚式を挙げるリゾートウェディングが流行しているようです。しかし遠い沖縄やハワイなどで結婚式をする人は、きちんとマナーを行う必要があります。この記事ではリゾートウェディングのマナーを紹介してきます。
ひとまず多い質問が、「何を着て行こうと戸惑ってしまう」という意見が良く聞かれます。必要なのは、開かれえる場所に合った服装を着ることが大事です。暖かい気候の場所だと、薄着にしがちですが、雨が多い地域は肌寒いこともあるために上着も用意しておく必要があるのです。
お式に行われる場所も考慮が必要で、例えばビーチで行うウエディングなどは、ヒールだと歩きにくいのでサンダルを準備する必要があります。その他チャペルウェディングがある場合は、羽織が必須ですのでラフすぎる格好はNGなのを気を付けておくべきでしょう。ホテルでする式よりもその代わりカジュアルさが求められいることがほとんどであり、あまりきらびやかすぎるのも逆に良くないと考える意味がありそうです。

国内でのリゾートウェディングが大人気となっている

一生に一度の結婚式は、友人を大勢呼んで派手にしたいと考えていた人が多かったのははるか遠い昔のことで、最近では親しい友人や自分の両親のみを招待した国内リゾートウェディングがとても人気となっているのです。
リゾートウェディングというと、海外での挙式をイメージする人が多いのですが、新型コロナウイルスの流行によって海外に行くことが難しくなってしまったということもあり、最近では国内の観光地で旅行を兼ねた挙式が大人気なのです。
感染者が多いことで、県を跨いだ移動が制限されていた時期もありましたが、現在はそこまでピリピリとしたムードではなく、しかも人数も最低限ということで感染対策をしっかりとした上で、国内の観光地で挙式をするということが可能となっています。
ここ数年、旅行も満足に行くことができなかったという新郎新婦が多いため、挙式のついでに親しい人たちとの時間を楽しみたいという希望を持つ人が増えているのです。

リゾートウェディングにお勧めの季節はいつ?

リゾートウェディングをしたい場合は、季節にこだわる必要があるのです。リゾート婚のだいご味は、大自然をバックにした結婚式を挙げることです。エリアごとで見どころが違うために、きちんとその場所の特性にあったリゾートウェディングをすることで、より季節を楽しんだ結婚式を挙げることができます。それらを網羅することで、目に映える世界を写真に残すことができ、春ならば春の華と一緒になど、楽しむことが可能なのです。
夏の場合は入道雲をバックに、海のブルーを映えるような写真が人気のある写真といえるでしょう。秋の場合は秋の赤色いれることで、風流な雰囲気と落ち着いたモノトーンを演出することができるのです。ベストシーズンを選ぶことにより、力強い力を写真に取り入れたりときれいな風景を残すことが可能です。リラックスシーズンを利用することにより、過ごし易い秋に挙げて、ウエディングドレスも暑さを感じずに落ち着いた式を行うことができます。

開放的な雰囲気で叶える、最高のリゾートウェディング

リゾートウェディングは、近年注目されている結婚式のスタイルです。開放的な雰囲気の中、美しい自然や海をバックにして挙式することができるため多くのカップルから支持されています。
まず、ウェディングプランナーとのコミュニケーションが非常に重要です。リゾートウェディングは場所や気候によって様々な課題が生じるため、プランナーとの密なやり取りが必要です。そのため、相性の良いプランナーを選ぶことが成功の鍵となります。
また、ゲストにも配慮が必要です。多くの場合遠方から来てくれるゲストもいるため、旅費や宿泊費などの負担が大きくなってしまいます。そのため、ゲストにとっても負担の少ないプランを考えることが重要です。
さらに、自然を活かした演出や装飾が魅力の一つです。フラワーシャワーやビーチウェディングなどオリジナルな演出を取り入れることで、より一層の幸せな雰囲気を演出することができます。
最後に、自然が持つ美しさや力が際立ちます。普段忙しい生活を送っているカップルにとって、自然の中でゆったりと過ごすことは非常に貴重な経験となるでしょう。開放的な雰囲気の中、ゲストと共に自然を感じながら最高の一日を過ごすことができます。

リゾートウェディングはゲストハウスを準備しよう

明るい太陽の下で結婚式をしたいというカップルは、リゾートウェディングを選ぶと要望を満たすことができるでしょう。
結婚式場は基本的に屋内で行われますが、リゾートウェディングであれば解放感あふれる屋外で行えるので、多くの人が参加して賑やかなものになります。もちろん準備をすることが大事で、リゾートウェディングはリゾート地にあるのが基本ですから、参列者は遠方から訪れることになるでしょう。そのため日帰りでは基本的に難しいので、宿泊所としてゲストハウスを準備することが欠かせません。参列者も結婚式に合わせてドレスやヘアスタイルを飾り付けるためのファッションアイテムを持ち込んでいますから荷物が多くなるので、ゲストハウスは広めのものを用意しておくと安心です。リゾートウェディングを行う新郎新婦が主役であることは間違いないですが、祝ってくれる大切な人にも同じように楽しんでもらうためには、事前に多くの準備を怠らないようにしましょう。

前撮りはリゾートウェディングで行うこともおすすめ

結婚式にも様々なスタイルがありますが、最近は国内や海外でのリゾート地で結婚式を行うリゾートウェディングの人気も高まっています。結婚式は新郎新婦だけでリゾート地で行い、後日披露宴を行うというケースもあります。
リゾートウェディングは結婚式と、新婚旅行の両方を一度に叶えられるのがメリットです。家族や親族が参加することもありますが、一般的な結婚式よりも参加者が少ないこともあり費用が抑えられるという利点もあります。
リゾートウェディングをするなら、前撮りも一緒にしておくことをおすすめします。一般的な前撮りとは違い、それぞれのリゾートの美しさを活かした素敵な結婚写真を撮ることができます。
撮影した写真は、アルバムで楽しむことはもちろん、披露宴のウェルカムボードや演出にも活用できます。離れた場所でも、多くのフォトスタジオではネットでの打ち合わせに対応しています。着用する衣装や小物などもスタジオで用意してくれるので、手ぶらで気軽に参加することができます。

都内でも素敵なリゾートウェディングはできる

海外や地方を思い浮かべがちなリゾートウェディングですが、実は都内にもそうした挙式スタイルに適しているスポットがいくつもあります。それをうまく利用すれば地元の方なら移動のための時間や交通費を大幅に節約することができますし、地方の方ならそのまま現地で親しい方と連れ立って団体旅行をすることもできるでしょう。とはいえアクセスの良い人気のスポットは、ハイシーズンともなると予約が集中して借りることも困難になる可能性もあります。どうしても譲れない条件のそろった場所であれば、できれば早めに会場を決めてしまうことも必要です。
その際に都内で手っ取り早くリゾートウェディングができる場所を探すには、ランキングを参考にするのが一番です。ランキングでは、条件のよさや人気の高さなどいろいろな条件を総合した上で紹介しています。その上で、メリットからデメリットまで必要な情報を一度に入手することができます。とにかく時間がない時の情報収集にうってつけなので、早めによい式場をみつけたい方にはこの方法がもっともおすすめできます。

リゾートウェディングの実施と移動費について

リゾートウェディングを考えている人は、移動費についても十分に考えておく必要があります。一般的な結婚式であってもゲストによっては当然ながらそれなりに交通費もかかるわけですが、リゾートウェディングではおそらくどのようなゲストであってもそれ以上に費用がかかることでしょう。
考え方としてはいくつかあって、その費用をこちらで持つのであれば金額面からもゲスト人数を必然的に絞ることになり、あまり親しくないような人を義理的に呼ぶようなことをしなくて済むことになります。一方、リゾート地で行うということは、単に結婚式に行くだけの意味合いではなく観光旅行の意味もあるでしょうから、単にコストが高くなるから出席するかどうかを検討するということにはなりません。これは新郎新婦自身にも当てはまることであって、式と新婚旅行とを一緒にまとめて実施できると考えれば費用的にも実は思ったほど高くないというか、むしろ安くなることもあります。

リゾートウェディングに関する情報サイト

石垣島にあるリゾートウェディングの打ち合わせ

新着情報

◎2023/6/1

情報を追加しました。


>開放的な雰囲気で叶える、最高のリゾートウェディング
>リゾートウェディングはゲストハウスを準備しよう
>前撮りはリゾートウェディングで行うこともおすすめ
>都内でも素敵なリゾートウェディングはできる
>リゾートウェディングの実施と移動費について

◎2022/8/9

情報を追加しました。


>リゾートウェディングの特徴とメリットについて
>リゾートウェディングの一番のデメリットは費用?
>リゾートウェディングをする場合のマナーとは?
>国内でのリゾートウェディングが大人気となっている
>リゾートウェディングにお勧めの季節はいつ?

◎2021/1/28

おすすめなドレスの種類
の情報を更新しました。

◎2020/11/27

リゾートウェディングの相談
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

人気のリゾートウェディング
の情報を更新しました。

◎2020/7/1

リゾートウェディングに呼ばれたら
の情報を更新しました。

◎2020/4/24

撮影でおすすめのポーズ
の情報を更新しました。

◎2020/03/13

サイト公開しました

「ウェディング 準備」
に関連するツイート
Twitter

披露宴の費用を見積もりしたい ウェディングドレス 結婚式場を探してる人には役立つね💐 人気の式場ランキングやガーデン 和装 カジュアル結婚スタイルおしゃれにしたい人におすすめね💫 後悔しない為にも挙式準備はしっかりやっておきたい、LINE無料相談できるし🦩 [PR]

マイナビウェディングから来店予約すると指輪がお得になる?お得なキャンペーンで賢く結婚準備を進めよう

横浜 名古屋 大阪梅田 福岡 京都 東京 静岡 千葉 埼玉 神戸 岐阜 沖縄 北海道など結婚式場を家で気軽に無料で探せるのは嬉しい🌻 和装ブライダルやチャペルウェディングなど相談カウンターも無料だしおすすめよね🦩 準備期間で二次会式場ランキング調べたりもラクね💫 [PR]

今更だけど今度ウェディングフォト撮ることになった📸 挙式💒も上げてなかったしね(*`・ω・) 準備とか色々あるからトリニティ対抗戦終わったらイン率下がるかも〜🙂 スタバとか飲みたいけど我慢😖✊ ブライダルエステとか行かないと😍

えっ待って明日のウエディングもしかしてアリア…????待って心の準備しないと多分死ぬ